HOME>お役立ち情報>分譲住宅に住もう【購入前に知っておきたい知識】

分譲住宅に住もう【購入前に知っておきたい知識】

男性

分譲住宅と注文住宅の違い

関西の中心地として発展している大阪は、住みやすいことからマイホームを購入するのにも最適です。人気も高いため、良さそうな物件を見つけたら早めに決断したほうが良いでしょう。物件選びでは、分譲住宅と注文住宅との違いについて理解しておく必要があります。分譲住宅とは、土地と家屋がセットになって売られている物件のことです。多くの場合、不動産会社が一帯を開発し、多くの分譲住宅を同時に発売します。大量に建築しているためコスト的なメリットが非常に大きく、家屋自体もスタンダードとも呼べるような作りになっており、住みやすいのが特徴です。一方の注文住宅は、自分が購入した土地の上に、自分なりの考えを反映させた住宅を建築してもらうことです。分譲住宅がすでに大枠が出来上がっているのに対し、注文住宅では部屋数から家の外観まで、自由に設計することができます。

部屋

分譲住宅を購入する時の流れ

住みたい物件を大阪で見つけたなら、購入手続きに入ります。分譲住宅の場合、初めに購入の申し込みを行います。注文住宅と異なり他の希望者と抽選になることもあるため、必ずしも目的の物件を購入できるわけではありません。契約が決まると、住宅ローン審査を行い金銭面での準備も進めておきます。住宅ローンの審査が通った後に、引っ越しの準備を進めます。この段階ではいつ引っ越しを行うのか日程を決め、引っ越し会社にお願いするのであれば見積もりなども依頼しておきます。すでに建築が完了している物件であれば、不具合がないかどうか立ち会いを行います。室内にキズや汚れといったものが見つかるケースもあるため、ここで入念にチェックしておくことをおすすめします。最後に引き渡しが行われると実際の入居となります。予定通りに引っ越しを終え、同時に住宅ローンの返済が始まります。