HOME>Utility>マイホームが安くでゲット可能?中古一戸建てで理想の暮らしを実現

マイホームが安くでゲット可能?中古一戸建てで理想の暮らしを実現

住宅模型

二世帯住宅の特徴

二世帯住宅とは、親と子が一緒に暮らす住空間を二世帯住宅といいます。二世帯住宅の基本は高齢者の方が暮らしやすいように、バリアフリー設計となっており、介護する側もされる側もストレスフリーな住居が基本です。

インテリア

中古一戸建ての活用方法

二世帯住宅のような家は、特殊なため一から建てることが多いです。しかし、一般的な家なら中古一戸建てを購入して、その中古一戸建てをリノベーションして自分好みの快適な空間を作る人が増えています。分譲住宅のように土地も家も既に建っているものを購入するので、注文住宅よりも費用を安く抑えることができます。

中古一戸建て住宅を購入する際のポイント4選

家

耐震性を確認

中古一戸建てを購入する上で気になるのは耐震性です。特に築年数がだいぶ経過した家は、耐震性に問題があります。中古一戸建てを購入する際は、まずは築年数を確認して耐震性に問題がないか十分確認してから購入をしましょう。

周辺環境はどうか

まず周辺環境を確認しましょう。買い物施設は近くにあるか、病院や金融機関など必要な施設が近くにあるか確認します。得に買い物施設や病院が遠いと将来的に生活しにくくなるので、自分にとって必要な施設が近くにあるか確認しましょう。

メンテナンスがされているか

家は建ったその日から紫外線や雨風で劣化をしていきます。劣化が進めば進むほど大きな地震が来た時の耐震性に問題がでてくるので、きちんとメンテナンスをされた家かどうか、家歴書の有無、内容の確認をしっかり確認してから購入をします。

災害が発生した時の安全性

周辺に燃え広がりそうな建物が密集した地域かどうか、電線などが建っており、災害が発生した時に安全が確保できるかどうか、中古一戸建てを購入する際は周辺に危険な建物がないか、そこまでしっかりと確認をしてから購入をしましょう。